赤ちゃんの沐浴と保湿

沐浴の手順と保湿の重要性

 

赤ちゃんの沐浴と保湿ケア

 

赤ちゃんが生まれて
初めてのオムツ換えや授乳など
慣れないことばかりでママは
戸惑うことも多いですよね?

 

そんな慣れないお世話の中でも
1番難しいと思われるのが
赤ちゃんの沐浴ではないでしょうか?

 

退院してから始まる自宅での
赤ちゃんの沐浴。

 

慣れてしまえば簡単ですが
最初は赤ちゃんをお湯に
落としてしまわないか?

 

手間取ってしまって
赤ちゃんに寒い思いを
させてしまわないか?

 

など初めての沐浴には
心配が尽きませんね。

 

自宅で初めての沐浴を
安心して行えるように
事前に手順やポイントを
確認しておきましょう。

 

 

 

赤ちゃんの沐浴の手順

 

いざ赤ちゃんの沐浴をする
というときになって慌てることが
ないように沐浴の手順をしっかり
確認しておきましょう。

 

 

 

 

@ベビーバスにお湯を溜める

 

沐浴の適温は38度前後です。
あまり熱過ぎても冷た過ぎても
いけないので温度計でしっかり
計ってあげましょう。

 

 

 

 

A赤ちゃんを沐浴布にくるんでお湯へいれる

 

赤ちゃんはママの羊水の中に
居たので基本的にはお湯が
大好きです。
しかし裸になったり
お湯につけられることを
怖がり泣いてしまう赤ちゃんも
多いので、沐浴布にくるむか
ガーゼをおなかにかけてあげて
安心させてあげましょう。

 

それから首と股を持って
足からゆっくりとお湯に
つけてあげましょう。

 

 

 

 

B顔を洗う

 

ガーゼを濡らして顔の汚れを
優しく拭き取ります。
目やにやかさぶたなども
しっかりと落とすように
しましょう。

 

 

 

 

C頭を洗う

 

耳の中にお湯が入らないように
首を支える手の親指と中指で
両耳をふさいであげます。

 

泡立てたシャンプーで頭皮を
しっかりと洗います。
新生児の頭皮は皮脂が多く
しっかり洗えていないと
皮脂が固まり、乳児性脂漏が
できてしまうこともあるので
念入りに洗ってあげましょう。

 

 

 

 

 

D体を洗う

 

首を支え仰向けにした状態で
首、手、わき、お腹、足、股間
を洗っていきます。
足の付け根や、わきの下、手のひら
など汗や汚れが溜まりやすいシワの
中も丁寧に洗いましょう。

 

首を支えたままゆっくりと体を
うつぶせにして背中を洗い、
最後におしりを洗います。
おしりはうんちなどで
汚れやすいので丁寧に洗って
あげましょう。

 

 

 

 

E上がり湯ですすぐ

 

洗面器に入れたお湯か
シャワーをかけて全身を
すすぎ流します。

 

 

 

 

以上@〜Eの手順を5〜6分で 
行うようにしましょう。
赤ちゃんが疲れてしまわないように
そして風邪など引かせないように
沐浴は手早く行ってあげましょう。

 

 

 

沐浴の後には保湿をしっかりしてあげましょう

 

お風呂上りは大人のお肌も乾燥しやすいですよね?

 

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも薄くて
バリア機能が弱いので更に乾燥しやすいです。

 

赤ちゃんの沐浴が終わったら
体の水分をしっかりタオルで拭いてすぐにベビーローションで保湿してあげましょう。

 

新生児から保湿ケアをすることは、
アトピー性皮膚炎の発症を予防することにもつながります。

 

しっかりと保湿して皮膚のバリア機能を高めてあげましょう。

 

 

関連ページ

赤ちゃんのお肌には保湿ケアが大事!その重要性は?
赤ちゃんのお肌には保湿ケアが大事です。その重要性についてまとめています。赤ちゃんのお肌が乾燥しないよう保湿ケアで守ってあげましょう。
アロベビーの虫よけスプレーは優しい成分だから安心!!
アロベビーの虫よけスプレーは優しい成分で出来ているから赤ちゃんに使っても安心です。アロベビーの虫よけスプレーについて紹介します。
おすすめの日焼け止めは天然成分のみで優しい!
赤ちゃんにおすすめの日焼け止めがでました!!スプレータイプでなんと虫よけ効果もあるんです。天然成分100%で優しいおすすめの日焼け止めを紹介します。